【読書論】アメトークの読書好き芸人デレクターに物申す!0から1を生み出すヒント。

f:id:ifyoucandreamit-youcandoit12345:20180117000424p:plain

皆様 こんにちは!* 

初めて辿りついてくださいました皆様

初めまして!*

 

ハルと申します(^^)/*

 

 

いつだか、アメトークで「読書好き芸人」ってやってたんやけど、そこで紹介されていたほとんどの本が、

物語のものばかりなんですよね

 

私はそれに凄く違和感を感じました。

 

私も読書がめっちゃくちゃ好きなんですよね。

だけど、私が読むのは、自叙伝や自分が経験したことのない分野の本を知識を吸収する為に読みます。

 

物語のような娯楽としての読書はほとんどしません。

知識を取り入れる為の読書が90%ぐらいです。

 

だからかな…

アメトークで読書好き芸人が物語系の本ばかり紹介していた事が凄く違和感だったんですよね。。

物語系以外が好きな『読書好き』もいるのになぁ~って。

 

そんな今日は「知識を得るための読書」も悪くないよってお話しです。

 

  

本選びの基準

私が手に取る本のスペックはだいたい1,000~3,000円程の本です。

自分が「知らない知識」の本について買う事が多いです。

 

流行りものの物語系の本だけは読む。 

流行りものの物語系の本だけは読むのには理由があります。

流行りものの本は、人との話題のひとつとして読みます。

お酒の席で時々ある、「あの時代にこの本流行ったよねー」なんて話しについていくため。

それも人と話を合わせる為の「知識」として読みますね。

読みはじめは「読みたいものではない」ので、あんまり乗り気ではありません。

はじめの10ページさえクリアしたらスラスラ読めちゃうんですけど◎

 

自叙伝的な本はめっちゃ好き。

だから、私はブログを読む事が好きなのかも。

ブログの中でも

旅行記やレビュー記事、その人の人生の紆余曲折ストーリーなんかも好き。

自分が経験したことのない世界だから凄く興味がわくのだと思う。

 

違和感

余談ですが、毎日、大量に(…って言っても日によってまちまちやから30~200記事程度ですけど)ブログを読むので、ブログの「質」ってものが最近ようやく分かりだしてきました。

たった200文字でも感動させられる文章を書く人も居れば、10,000文字近く書いてるのにコピペや引用だらけのneverみたいなブログを見ると…もう見てられません…。

「言葉の繋ぎ方」が全然なっていないので、文章の違和感しかない。

まるで、自分ではちょこっとしか調べずに、専門性の高い人の記事の自分が分かる部分だけをコピペするライターさんの記事見てるみたいです。

 

コピペばっかしてるライターさんって「自分が理解できない難しい事」は読解できないから読み飛ばしてしまうんですよね。

大事な内容は、その「難しい事」に詰まってるのに。

肝心なところ飛ばして「自分が理解できる簡単な事」だけ拾ってコピペして書くから

せっかく書いた記事も、うっすーい内容の記事になるんですよ。

 

こうゆう文章は読むのが苦しくなっちゃいます…。

 

私は引用も「補足」的な感じでしか使いません。

もはや私の場合は、著作権にビビッて全部0から企画してライティングや画像編集もするので、こうゆうコピペの書き方のほうが逆に難しいかもしれません。

 

コピペの反対で、たくさん本を読んでるんだろうなって人は文章読んでるだけで分かります。

小難しい系の小説を良く読む人は、ちょっと難しい言葉を使いがちですね(笑)

 

知り得るものに対しての対価。

いつも本を読んでいて思う事が、

自叙伝みたいなものって、自分が経験しえないものだと、例えばその本が1,000円だとして、1000円でこの人が経験した内容をショートカットして知る事ができる

 

 

それって、凄い事だと思いませんか??

 

例えば、この本

田村淳の「35点男の立ち回り術」

ロンブーの敦さんが人生の早い段階で自分は35点だと位置づけ、自らの立ち振舞いについてつづったものです。

私はこの本を読んで

上手な人間関係の生き抜き方だな。

感情を押し殺すわけでもなく、とても戦略的だな。

と、感じました。

 

ロンブーの敦さんは人間的に凄く賢い人です。

彼の心の内を知れて、こうゆう発想が有るから色んな事を企画したり発信したりできるんだなぁと思いました。

 

f:id:ifyoucandreamit-youcandoit12345:20180118182548j:plain

 

その思考をたった1,300円で知る事ができた

そして何回も読み返して、何度もインプットできる

本ってやっぱ凄いよ。

 

本って未知の世界がつまってる。

生まれた時から当たり前に本に触れてきているから、本の有り難みを忘れちゃいがちですが、

本がもっと評価されるべきものだと私は考えています。

 

読書をする事によって新しい思考や知識を知る事ができ、自分の考え方の引き出しが新しく増えていく。

 

それって、映画や音楽にない

本の「知識」という良いところ。

 

 

私、

生きる上での優先順位が

お金よりも時間。

時間よりも経験。

なんですよね。 

 

そこは絶対にブレません。

 

だから、読書が

発想力の乏しい私の0から1を生み出す私のヒントになっているんだと思う。

 

  

この記事がいいね”面白かった”と思った方は

☆ボタンコメント読者登録ブックマークをしていただけると嬉しいです!

お待ちしております!

 

長くなりましたが、本日はここまで☆

今日もありがとうございますっ!☆ 

 

 

 

 

▼ハルの読み物!読書レビュー!

www.haruchannel.net

www.haruchannel.net

www.haruchannel.net

 

 

 

 

 

\ ブログランキングに参加しています /

▼応援よろしくお願いします♪


人気ブログランキング

 

▲良かったらポチッと登録して貰えたら嬉しいです!

▲ツイッターもしてます! 是非ぜひ、ご登録を!

 

***  Good   life ! ***

(C) 2017 ハルチャンネル