\ ハルチャンネル* /

旅行、映画、読書、懸賞生活、美容、時々、人生。

【レビュー】仕事で死にたいぐらい悩んでいる人に絶対に見て欲しい『ちょっと今から仕事やめてくる』の映画&単行本。

f:id:ifyoucandreamit-youcandoit12345:20170616013012j:plain

皆様 こんにちは!* 

初めて辿りついてくださいました皆様

初めまして!*

 

ハルと申します(^^)/*

 

土曜日になりました!!

ハルのお時間ですよ!!(笑)←

 

ちょっと今から仕事やめてくる 

f:id:ifyoucandreamit-youcandoit12345:20170616013043j:plain

今日は、話題の「ちょっと今から仕事やめてくる」の映画のお話しをします。

映画公開から最初の水曜日。

レディースデーを利用して映画館で見てきました!

 

どこかで見たことある題名だなと思っていたら、そういえば4月に行った沖縄旅行の時にこの単行本を空港で見つけ、空のお供にしていました。

本は、話し口調がほとんどだったのでサラサラとすぐ読み終わりました。

 

ただ、、映画公開前に結末を知る事って良し悪しですね。

 

映画と単行本のギャップ 

映画ならではの工夫がたくさんありました。

●単行本では迫力を出す為に男性だった先輩が、映画では柔らかみを出す為なのか女性だった。

●ストーリー性を生かす為に○○の先生じゃなくて外国の勉強を教える先生に。

●一番すごいと思ったシーンが Facebookを使った時間の短縮。

 

映画と単行本との差でギャップを感じたのはこれぐらいです。

元ネタなので当たり前ですが単行本は割と荒削りな印象です。

映画は逆にきれいにまとまり過ぎていて、活字好きな人にはちょっと物足りないかもしれません。

映画好きには綺麗なストーリーで、何も知らなければスッと話しが飲み込めます。

後味のいい映画ですね。

 

ストーリーは話せないけど

映画や単行本のネタバレしちゃうから詳しくは話せないけど、私が仕事をしている時、特に新卒1年目主人公の「青山」と同じ時、私も青山と同じ思考でした。

 

私は入社して3ヶ月ほどで約10キロ痩せました。

38キロまでみるみる痩せていって、ニートをしている今思えば「会社を辞める」なんて簡単な事で、「死ぬ」選択は有り得ないけど、当時はそんな心の余裕もなく。

言い表せないけど、ただ無性に毎日が辛くて苦しくて、、「このまま電車に飛び込めば会社に行かなくてすむ」なんて、毎日毎日毎日…考えてた事、この映画を見て思い出して泣けました。

 

残された人の事なんて一瞬でも考える心の余裕はなかった。

 

私の場合はブラック会社だとは思ってなかったけど、働く環境が過酷だったかなー。。

休みが月3日とか4日とかで1日16時間労働で休憩なし。

16時間ノンストップでズーッと忙しくて、もちろんお昼はご飯は食べられません。

疲れきって終電で帰るので、晩御飯の前にお風呂入って意識を失う感じで毎日髪の毛とかもビチョビチョのまま寝るんですよね~。晩御飯は当然食べてません。

毎日毎日、疲労でクタクタで朝もギリギリまで寝たいので、単純に朝ご飯を食べる事を忘れちゃうんですよ(笑)友達に話すと「え、ご飯食べ忘れるとかある!?」ってビックリされてたんですけど。朝ご飯食べるの忘れちゃうんですよ

朝食べないと、そこから有無を言わさず今はやりのファスティングが始まります(笑)

今思えば、当時10キロ痩せただけですんで本当に良かった。

両親も友達もその当時の痩せ細り具合を知っているせいか、今は15キロほど太ってるんですけどダイエットのダの字も会話に出てきません。

けどね、職場はいい人に囲まれていて人間関係で悩むことは一瞬たりともなかったんです。

 

そんな過酷な環境なだけで、人間関係には恵まれた私ですら、こんな考えになるんやから、そりゃブラック会社に働く人は普通の考えでは居れなくなりますよね

いや、ホント私の事を映画化したのかと思うぐらい鮮明に被るシーンが多かったです。

 

映画館へ行く時間がない方はまず本で 

 先に映画見ちゃうと、本独特のもったいぶってる ストーリー展開に少々イラつくと思いますが、映画とはまた違った時間の進み方、話しの展開があります。

ザッと読んでも3時間かからずに読めました。

 

▼単行本も600円ぐらいなので是非、映画と読み比べ(見比べ)してみてください。 

新しい楽しい見方ができますよ。

悩んでる方は苦しい現状から脱出できるヒントが見つかるかもしれません。

よかったらまだ見ていない方、読んでいない方は是非。

 

追記;DVDが発売されました

 

仕事で死にたいぐらい悩んでいる方へ 

「ちょっと今から仕事やめてくる」

苦しい時は、この映画を見て欲しい。

悩んだ時は、この本を読んで欲しい。

死にたいエネルギーより、会社を辞める勇気に変わるエネルギーが湧いてきます。

 

仕事で苦しい時、辛い時、残された人の事なんて考えられないと思う。

育ててくれた家族。

支えてくれた友達。

負のスパイラルに陥ってる時に、この作品は大切な人を思い出せるキッカケになります。

 

全ての人には「幸せになる」権利があると思うんです。

それをもう一度思い出してもらえる作品だと思います。

 

そして、いつか、憎んでた人を許せる時がくると思います。

 

なんでもない日常がどんなに大切か幸せな事か感じられる時がきます。

生きていれば。

 

「自分が居ないと会社は大変な事になる」

「だってまだ働き出して数ヶ月だし…」

なんて、世間への言い訳を考えなくてもいい。

 

自分が居ても居なくても会社には平気で明日がきます。

大変な事が有っても会社にとっちゃ一瞬だけです。

あなたが居なくなっても一瞬で忘れられます。

会社には替えがききます。

 

でも、あなたは世界で一人。

あなたの明日を大切にしてください。

会社で何かの理由で死にたいぐらい苦しければ、迷わず今すぐ会社を辞めるべきだと私は思います。

 

会社の為に死ぬぐらいなら、会社を辞める事なんて一瞬の苦痛だけです。

それか難しいなら勇気を出して、一番あなたの事を心配してくれる人に相談してみて下さい。

あくまでも、一番あなたを心配してくれる人です。

あなたの置かれている状況ではなく、心に寄り添ってくれると思います。

 

ろくな解決法じゃなくてすみません。

けど、心中は痛いぐらい分かるので、ホントに自分を大事にしてほしいと思います。

 

この記事で何か伝わっていたら嬉しいな。。。

 

 

この記事がいいね”面白かった”と思った方は

☆ボタンコメント読者登録ブックマークをしていただけると嬉しいです!

お待ちしております!

 

 

▼関連記事▼

yume-ryokou.hatenablog.com

 

 

長くなりましたが、本日はここまで☆

今日もありがとうございますっ!☆ 

 

\ ブログランキングに参加しています /

▼応援よろしくお願いします♪


人気ブログランキング

 

▲良かったらポチッと登録して貰えたら嬉しいです!

ツイッターもしてます! 是非ぜひ、ご登録を!▲

 

***  Good   life ! ***